生命の世界と現実の時間差

タロット-生命の物語

生命の世界と現実の時間差

私たちが生きている、この地球という 現実の世界・・・
この世界を創っているのは、私たちの 強くて純粋な 意思の力です。

私たちは意識はしていなくても、数えきれない程たくさんの未来の中から、ひとつの未来を選んでいるのです。

ここでいう意思とは、現実を生きる自分が、自分で自覚している「私」というだけではなく、
無意識の私、すなわち宇宙生命の私をも含めた、全体の意思のことです。

目先の欲望や、自分なりの願望を意味するのではなく、
自分の意識上に、本物の決意が生まれた時、
希望の未来を必ず創るのだという、強き 意志の心が、
宇宙生命の意思と合致をした、その瞬間の生命の中に・・・

新しい未来は生まれているのです。

未来は、現実の私が決意した瞬間に、既に変わっています。
目には見えなくても、「私」の心が変わったのと同時に、
世界も変わっているのです。

蒔いた種が、芽を出し、そして花が咲くように・・・
三次元の現実世界には、時間が存在します。

これを生命という、四次元以上の 別次元から見た場合は、
時間軸の概念が異なる為、
「今」という一瞬の生命の中に、現在の私の変化と、未来という結果が、同時に生まれているのです。

だから現実の私たちは、
望む未来を創るためには、忍耐を武器とし、
何度も何度も 決意を繰り返して、来るべきその時を 創り続けていく必要があるのでしょう。

そして現実が大きく変わるその時に、
自分には何ができるのか?

来るべき勝負の時に、勝負を決するような行動ができるのか・・
それが大切になってきます。

決められた運命が訪れるかのように、
じっと待っているだけで、未来は変わるものではありません。

ましてや、勝負をかけるタイミングを見誤ってしまったら、
育ち始めてきた芽を、摘み取ることにもなってしまうかもしれません。

私たちの目には、
まるで運命の輪が動き出したと感じるかのように、

生命という土壌に蒔いた種から、芽が出て、花が咲く瞬間があります。

種は過去、芽は現在、花は未来です。
生命の世界では瞬間のことでも、
現実世界にはタイムラグがあることを意味します。

それは偶然でもなんでもなく、
過去の自分が創ってきた結果でしかありません。

決まった運命、変えられない運命などはありません。

何の努力もせず、ただ運に任せるように生きていたのなら、
それは、大海原に漂流した船のように、
確率の高い未来に、ただ流されているだけの弱々しい人生になってしまいます。

表面上、運がいいように見える人も確かにいますが、
どんな人にも、過去世からの業の試練は訪れ、
現実の困難や悩みとして必ず現れます。

ましてや私たちは、人類全体としての 負の共業も積んでいるので、
社会と共に傾いていくような人生になるかもしれません。
何も努力をしない人は、大海原の中で泥船に乗っているようなものだとイメージすれば、わかりやすいですね。

未来は、自分で創るものです。
望む未来に進むためには、
自己を鍛え、自身の生命を成長させていくことで、

自分の意志の力をトリガーとし、
宇宙生命という 全体の意思と合致していくための努力が必要なのでしょう。

運命の輪が動いたと感じた時は、
見えない努力を続けてきた、これまでの自分の結果です。

この大きなチャンスを、より大きなチャンスに変えていけるのか、
それとも見過ごしてしまうのか、
全ては自分次第です。

未来を動かすのは、自分の力です。
何もせず、望む未来に変わっていくものではありません。

自分の内にある、大いなる力を信じましょう。

WHEEL of FORTUNE.【運命の輪】

タロットの運命の輪の正位置が出た時は、
過去におこなった自分の結果が、現実に現れるタイミングを示します。
ここで何もせず、希望の未来を掴めるものではありません。
「今が勝負のタイミング」と捉えましょう。

運命の輪が逆位置で出た時は、
人生を変える大きなチャンスが来ているが、少しだけタイミングがずれていることを示唆しています。
行動を起こすタイミングを間違えないように、との警告と捉えられますね。