タロットはなぜ当たるのか?

タロット-生命の物語

タロットはなぜ当たるのか?

最近は昔に比べ「占い」に対する抵抗も少なくなり、普通に受け入れられるようになってきていると感じます。
ネット上にもたくさんの占い動画がアップされており、
不特定多数の、顔の見えない人を占っているはずなのに・・・なぜか当たっていますよね。

結局は、理屈ではなく、「当たる」から 興味 関心を持つのだと思います。

でも誰もが、「なぜ当たるのだろう?」 という疑問を持つのは当然ですね。

当チャンネルでも扱っている「占星術」などは、統計的な要素が強く、
また、無意識の底 「集合的無意識」の中に刻まれているアーキタイプを分析し、タイプごとの傾向を捉えているような要素もあります。
科学的といえるかどうかはさておき、全く根拠がないわけではないのですね。
だから、誰でも知識を学びさえすれば、特別な能力に関係なく、習得することはできるはず。

でも、タロットなどはどうでしょう?

統計的でもなく、知識で読むわけでもなく・・・。でも当たりますから。

よく占いをするには、霊能力的な特殊な才能が必要なのでは・・と思ってしまいますが、
タロットでは不要です。むしろ誰でも、学んだ初日から、それなりに読めることができると思います。

そもそもタロットデッキは、これでないとダメというものはなく、自分で書いたカードでもいいわけです。
うまく読めるかどうかは話が別ですが・・・
出たカードから、メッセージを感覚でキャッチできるかどうかの問題です。

そして不思議なことに、複数枚のカードから、確率的にカードが出てくるはずなのですが、
頻繁に出るカード、ほとんど出ないカード、よく出る時期と出ない時期などが確実にあり、
とても確率的なものと思えないところがあります。

理屈で理解しようと思えば思うほど、不思議なことだらけです。

結局は・・・
無意識の「私」がわかっていることを、カードを通してメッセージで表れているだけとしか思えません。
開いていないカードはすべて真っ白で、開く瞬間、絵柄が再構築されているのかもしれませんね。(冗談です)

読み手が、一度も会ったことのない人の状況まで読むことができたり、
ネットのように、不特定多数の人の流れを読めるということは、
無意識の奥では、全ての人が繋がっていることの 証拠なのではないかと思ったりもします。

理屈で考えたら、不思議でしかないのですが、よく当たるから、そういうものだと思うしかないのです。

では、タロットなどの占いで 未来はわかるのでしょうか?
これは突き詰めると、「未来は決まっているのか?」という根本的な問いにぶつかりますね。

結論からいえば、私は、未来は決まっていないと確信しています。

タロットに現れる情報は、あくまでも無意識の「私」の中にある、現在の情報だけだと思います。
意識で理解していない無意識の情報が、メッセージとして顕在化していると考えます。

でも「現在」がわかれば、今起きている状況の「原因」となる過去がわかります。
そして、現在が原因となる、起こり得る「確率の高い未来」が見えることになります。

だから、多くの場合、タロットが「当たる」と感じるのでしょうね。

もし、タロットで読んだ未来が、自分にとって望ましいものなら、不安を捨て、自信を持って前に進むことで、
その未来が実現する可能性が高くなるはず。
つまり、自分でその未来を選んでいるのでしょう。

でも、望まない未来が出たら、その未来にならない為に、今の自分を変えればいいだけです。

自分の無意識の中にある「何か」に気が付くことで、
なんで今の状況が起こっているか・・・
今の状況のまま何も変えないと、どうなっていくのか・・・
より望む未来に進むためには、今の自分をどのように変えればいいか・・・

これを感じることが大切だと思います。

占いを信じている人ほど、占いが当たるというのはイメージできますか?
ひとつの理由は、自分でその未来を選んでしまうからです。

もうひとつの理由は、今の自分を変えようとしない場合が多いからだと思います。
例え望まない未来が見えても、諦めてしまい、まるで流れに流されるかのように、確率の高い未来に流れていくだけでしょう。

タロットなどに無意識からのメッセージがなぜ現れるのかと、改めて考えれば、不思議に感じますが、
このようなメッセージは日常にたくさん起こっています。

環境の変化が教えてくれるかもしれません。
他者の言葉や態度を通して、伝えてくれることはよく起こります。

必要な時に、必要な言葉が、本や、ネットの動画などを通して伝えてくれることも、よくありますね。
ペットがいる人はわかると思いますが、ペットが目に見えない何かを教えてくれることは少なくありません。

自分が無意識の心を感じようと日頃から「意識」しているかどうか・・・なのではないでしょうか?

無意識の中にある宇宙生命は、あらゆる人、あらゆる環境と一体なので、
必要な時に、必要なメッセージは必ず送ってくれているはず。こちらが受信できるかどうかだけだと思います。

占いに関していえば、
読み手が持っている思想観や、伝える能力は大切なポイントだと思います。

例えば、タロットの典型的な解釈は、昔の西洋思想の流れを受けて出来上がっています。
よくある解釈事例のとおりに読んでしまったら、「未来は決まっているもの」「未来は変えられないもの」という思想がベースにある場合がほとんどです。

読み手も、その思想の影響を自然に受けていたら「流れに乗りなさい」という話になるでしょうね。
読み手が「未来は変えられる」と思っていたら、今をどう変えていくかというカウンセリングをしてくれるはず。

人間の「現在」の生命には、過去も未来も同時に含まれています。
つまり今を変えれば、未来は変わります。

タロットは無意識の心の中にある、意識の私では気がついていない、「生命の現在地」を教えてくれるもの。
そして、カードを見た時に、何かしらの課題が見つかって、今を変える決意をした瞬間・・・
未来もすでに変わっているのです。

占星術でもタロットでも同じことですが・・・
未来を「占う」ために用いるのではなく、
自分が望む未来を創るために、「生命の現在地」を知る目的で活用されるといいですね。